蝶ネクタイの結び方

蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
23ways to tie a BowTie Color
23ways to tie a BowTie Color

手結び,蝶ネクタイの結び方,23通り,色柄版

selfknots
selfknots

手結び,蝶ネクタイの結び方,23通り,ブラックシルク版

23ways to tie a BowTie Color
23ways to tie a BowTie Color

手結び,蝶ネクタイの結び方,23通り,色柄版

1/2

一般的に知られている「蝶ネクタイの結び方」は、いわゆる最も基本的な「蝶結び(Basic-bow-knot)」で、あくまで1つの結び方に過ぎません。20世紀後半以降、効率的で簡易の「手結び蝶ネクタイ」しかほとんど生産されなくなったことは、「ネックウェアの結びの文化」を萎縮させてしまったと考えられます。

BOWTIE SPECIMENSでは「手結び蝶ネクタイ」を含めたネックウェアの歴史を研究し、本来の色んな結び方に対応し得る、蝶ネクタイのシルエットを再構築しました。その結果、「100年以上前からある結び方」や、「ネクタイやアスコットタイと共通の結び方」、「ブランド独自に考案した結び方」など、20種類以上結び方を提案するに至りました。

これら色んな結び方は「オーセンティック・シリーズ」と「トラディエイティブ・シリーズ」の蝶ネクタイが対象ですが、それぞれのデザイン形状や使用している生地素材によっては、不向きな結び方もあります。

 

また「絶対的にこれがよし」という結び方のルールがあるわけでもありません。ブランドとして提案している結び方は参考であり、使用する人が独自の結び方やスタイルを追求していくことで、より着こなし方を深めていくことを期待しています。 

 

詳細は各結び目イメージからリンクしています。

蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
蝶ネクタイ,ボウタイ,起源,ルーツ,歴史,人物,明治
      ホー ム                     コンセプト                    作り結び蝶タイ                手結び蝶タイ                   インスタ                     ショップ                   問い合わせ                     サイトマップ