top of page

Pre-tied bowtie Square-end

作り結び蝶ネクタイ スクエアエンド形

Micro square-end,マイクロ スクエアエンド

■Bowtie-pattern name  

 Micro square-end 

 

■End-shape category

 Square-end

 

■Bowtie-type

  Pre-tied bowtie

 

■​Finished-size

 height↑↓3cm

 width←→6.5cm

■型紙名

 マイクロ スクエアエンド

 (超小型-四角端)

 

■端部形状カテゴリー

 四角端/スクエアエンド

 

■型の種類

 作り結び蝶ネクタイ

 

■仕上がり寸法

 縦 3cm

 横 6.5cm

スモールSmall-standard square-end, スタンダード スクエアエンド

■Bowtie-pattern name  

 Small-standard square-end 

 

■End-shape category

 Square-end

 

■Bowtie-type

  Pre-tied bowtie

 

■​Finished-size

 height↑↓3cm

 width←→8.5cm

■型紙名

 スモールスタンダード

 スクエアエンド

 (小型標準-四角端)

 

■端部形状カテゴリー

 四角端/スクエアエンド

 

■型の種類

 作り結び蝶ネクタイ

 

■仕上がり寸法

 縦 3cm

 横 8.5cm

Historical record, Fashion ------
The "Micro square-end" and "Small-standard square-end" bow tie is the smallest one in the Square-ends. Because it is almost a horizontal line, it is distinguished from the curved "Small butterfly".
 
In particular, the "Small-standard square-end" bow tie can often be found in historical photos from the late 19th century to the early 20th century. It seems that there was demand as a bow tie size that fits in the narrow V-zone jacket and vest popular at that time. It seems to have been used as a Formal white tie as well.
 
Historically, it seems that the pre-tied bow ties with a relatively loose knot were common. You can make this bow tie using a Narrow square-end, a self-tie bow tie by making a "Small bow knot". 

歴史・流行 --------

マイクロスクエアエンド形とスモールスタンダード形は、スクエアエンドの中で最も小型なものを指します。ほぼ水平のシルエットのため、末広がりのスモールバタフライ形とは区別されます。

 

特にスモールスタンダード形は、19世紀後半から20世紀初頭の歴史写真でしばしば確認できます。Vゾーンの狭い当時のジャケットやベストに収まるサイズとして、需要があったと考えられます。また正装のホワイトタイとしても使われていたようです。

 

歴史的には中心をあまり絞らない状態で、作り結びタイプにしたものが多かったと推測されます。手結びタイプの細い幅のスクエアエンド形を「小型結び」すると、同じシルエットを形作ることができます。

      ホー ム                        コンセプト                  作り結び蝶タイ              手結び蝶タイ                インスタ                      ショップ                     問い合わせ                      サイトマップ