Pre-Tied BowTie  Square End

Design-pattern  Classic Butterfly  クラシック・バタフライ

End-shape  Square End     Type  Pre-Tied Bowtie

​Finished-Size  height:about 7.0−8.0cm     length:about 10−12cm

クラシック,バタフライ,蝶ネクタイ,種類,ブランド,bow tie,history,pattern

Historical record, Fashion ------

The “Classic Butterfly” is a butterfly shaped design which was widely produced in the beginning of the 20th century. The bow tie is thought to have derived from the Cravat and Stock-tie around the 1850s. However, it seems that the word "Butterfly bow tie" − was not yet used in the early stage when the bow tie was born.

 

From the beginning of the 20th century, many butterfly shaped bow ties made from cloth previously cut into curves will be seen. Both the self-tie and pre-tied butterfly bow ties have been produced for a long time. 

 

By the way, both the self-tie bow tie and pre-tied bow tie were used from the early stages when the bow tie became popular. This fact seems to be a natural flow because the pre-tied Cravat and Stock-tie had already spread to the  in the mid-19th century.

歴史・流行 --------

クラシック・バタフライ形は、20世紀初期に多く作られた初期デザインのバタフライ形ボウタイです。ボウタイは1850年代頃に、「クラバット」や「ストック・タイ」から派生したと考えられています。そしてボウタイが生まれた初期の段階では、まだ「バタフライ」という言葉は使用されていなかったと思われます。

 

歴史的には20世紀初期から、予め生地を曲線に裁断して縫製されたバタフライ形ボウタイが多く見られるようになります。「手結びタイプ」と「作り結びタイプ」のどちらのバタフライ形ボウタイも、長い間生産されてきました。

 

加えて、ボウタイが普及した初期段階から、手結びタイプと作り結びタイプはどちらも使用されていました。この事実は19世紀中頃の「クラバット」や「ストックタイ」に、既に「作り結びタイプ(pre-tied/ready-made)」が普及していたことからも自然な流れと考えられます。

クラシック,バタフライ,蝶ネクタイ,種類,ブランド,bow tie,history,pattern
met,museum,bowtie,specimens

Metropolitan Museum(US)

v&a,victoria,and,albert,museum,bowtie,specimens

Victoria and Albert Museum(UK)

      ホー ム              コンセプト           作り結び蝶タイ        手結び蝶タイ          インスタ              ショップ            問い合わせ            サイトマップ
  • Pinterest
  • YouTube
  • Instagram

 © 2019 Another-Design Inst. 

Historical photo source : public domain, etc

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now